2010年3月から2012年3月まで、青年海外協力隊21-4で、南米はボリビアへ養護隊員として派遣されていました。世界一標高の高い都市(約4000m)エルアルトでの特別支援教育学校、標高3700mにある首都ラパスの学校での活動記録、ボリビア情報。そして帰国後の日本生活をつづります。


プロフィール

でめりーた

Author:でめりーた
旅好き、
写真好き。
毎日のんびり暮らしてます。

青年海外協力隊21年度4次隊、養護隊員。
南米ボリビアの特別支援教育学校、普通学校での活動、
ボリビアについていろいろ綴っています。

2012年3月帰国したので、
また日本でのできごとをのんびり綴っていきます☆



ブログで世界旅行(世界遺産編)



ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



☆協力隊の仲間たち☆

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター

2009/11/25よりつけました♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆31日目☆出戻り。☆
今日は午前中スペイン人のボランティアの子についてきてもらい、必要なものの買出しに一緒についてきてもらいました。
平日だけど、物品の購入の方が大事だから!って先生も言ってくれて。有難いっす。
作成した買い物リストもチェックしてくれて、いざ買出し。出発するまで1時間くらいかかる。流石ボリビア。

Cejaというエルアルトの中心にあるメルカドへ。私の家の周りは人も車も殆ど通らないけど、中心街はすっっっごい人!!すっっっごい車!!治安悪いのが分かる気がしてしまいましたわ(^^;)

基本的な家具とかは全部学校側が用意してくれて、後のちまちましたものを買出し。
いよいよ生活が始まる感じ!!わくわく。

お昼を食べてゆっくりしてるところ、JICAから連絡あったとの報告…。
折り返し連絡してみたら、家の工事が終わってない為、ラパスに下って来いと…。

校長先生とかは、工事が終わるまで教会に泊まりなよって言ってくれたんだけど、校長先生とJICAが話した結果私たちはラパスにくだらなきゃいけなくなってしまいました…。

残念。。。
先生たちに会えないー。
子供たちに会えないー。
はやく慣れたいのに。
まぁ焦らず、ラパスを楽しむこととします。

というわけで急遽、工事終わるまでの1週間ラパスの隊員連絡所で暮らすことになりました。(職場はちょっと遠くて通えない…)


スポンサーサイト

テーマ:青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。