2010年3月から2012年3月まで、青年海外協力隊21-4で、南米はボリビアへ養護隊員として派遣されていました。世界一標高の高い都市(約4000m)エルアルトでの特別支援教育学校、標高3700mにある首都ラパスの学校での活動記録、ボリビア情報。そして帰国後の日本生活をつづります。


プロフィール

でめりーた

Author:でめりーた
旅好き、
写真好き。
毎日のんびり暮らしてます。

青年海外協力隊21年度4次隊、養護隊員。
南米ボリビアの特別支援教育学校、普通学校での活動、
ボリビアについていろいろ綴っています。

2012年3月帰国したので、
また日本でのできごとをのんびり綴っていきます☆



ブログで世界旅行(世界遺産編)



ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



☆協力隊の仲間たち☆

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター

2009/11/25よりつけました♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆30日目☆初仕事!☆
今日から本格的に配属先へ。

校長先生が、朝ごはんを届けに私たちの家にきてくれました。優しいーー!

私の配属先となる特別支援学校は、半民半官の学校で、幼稚園くらいの子~高校生くらいの障害のある子供たちが午前
と午後入れ替わりで通っています。先生も入れ替え。

午前中は、小学生くらいのクラスを見学。スペイン語の単語ビンゴをやり、生徒に単語をおしえてもらってました(笑)

お昼は給食。ボリビアの食事は殆ど野菜を食べないのですが、給食は野菜とのバランスもいい食事でした。

お昼休みは、校庭(っていっても小さいバスケットコートくらいの大きさ…)で生徒とサッカー。生徒も上手で、さすが南米!!高地での運動は普段より疲れます…。といいつつ1時間位してました。いやー楽しかった!!

午後は中学年くらいのクラス。数字や文字の勉強。後半は、ダンス。さすが、南米。(笑)

学校終わってから、同じ学校で働いているスペイン人のボランティアの子とその友達の家へお茶しに、そして教会のミサについてってみました。
教会の方々も良い人たちでしたー。

とても良い環境です。周りの人たちめちゃめちゃ良い人です。
スペイン語頑張るぞー!!
スポンサーサイト

テーマ:青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。