2010年3月から2012年3月まで、青年海外協力隊21-4で、南米はボリビアへ養護隊員として派遣されていました。世界一標高の高い都市(約4000m)エルアルトでの特別支援教育学校、標高3700mにある首都ラパスの学校での活動記録、ボリビア情報。そして帰国後の日本生活をつづります。


プロフィール

でめりーた

Author:でめりーた
旅好き、
写真好き。
毎日のんびり暮らしてます。

青年海外協力隊21年度4次隊、養護隊員。
南米ボリビアの特別支援教育学校、普通学校での活動、
ボリビアについていろいろ綴っています。

2012年3月帰国したので、
また日本でのできごとをのんびり綴っていきます☆



ブログで世界旅行(世界遺産編)



ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



☆協力隊の仲間たち☆

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター

2009/11/25よりつけました♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆地球のどこかで。☆
今日は夜に医師として国際的に活躍している方による地球のステージという映像と歌のコンサートがありました。
フィリピンのゴミ山で暮らす子供たち、イランの地震で家や家族を失った子供たち、東ティモールや、ガザ地区で逞しく暮らす人々…。
日本よりも確実に不便で貧しい環境で暮らしている人々。だけど、そこに暮らしている人々は何ていい表情をしてるんだろうって思った。
ゴミ山に暮らしている子供たちは、裕福な人が捨てた壊れたオモチャを拾って自分で治して大切な宝物にしていました。

物にあふれていることが=幸せなのではないなぁとつくづく思う。

ガザ地区で暮らす10歳の子供は銃をつきつけられたり、空爆を落とされている絵を書いていました。何も非がない国民、子供が犠牲になっています。

直接何かすることは難しいかもだけど、世界にはいろんな人がいろんな環境で暮らしていることを自分ももっと学ばなきゃだし、いろんな人に伝えていきたいなぁ。
いろいろと考えさせられた時間でした。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。