2010年3月から2012年3月まで、青年海外協力隊21-4で、南米はボリビアへ養護隊員として派遣されていました。世界一標高の高い都市(約4000m)エルアルトでの特別支援教育学校、標高3700mにある首都ラパスの学校での活動記録、ボリビア情報。そして帰国後の日本生活をつづります。


プロフィール

でめりーた

Author:でめりーた
旅好き、
写真好き。
毎日のんびり暮らしてます。

青年海外協力隊21年度4次隊、養護隊員。
南米ボリビアの特別支援教育学校、普通学校での活動、
ボリビアについていろいろ綴っています。

2012年3月帰国したので、
また日本でのできごとをのんびり綴っていきます☆



ブログで世界旅行(世界遺産編)



ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



☆協力隊の仲間たち☆

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター

2009/11/25よりつけました♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


++a los 617 dias++ボランティア総会++
1年に二回ある、ボランティア総会と、安全対策協議会と、同じような職種の隊員同士で意見交換を行う分科会のため、サンタクルスへやってきました。
久々に同期、ほかの県の隊員と会えたし、活動においてのヒントも得られましたー。
総会は、前回と同様、フェリア形式。
たくさんのボリビア人の方が来場してくださりました。

ボリビアのボランティアの数は、私が来たときは90人くらいいましたが、今はだいぶ減り、50人??それ以下??くらいになりました。ボランティア事業は今アフリカに力を入れてるようです。
また、田舎のほうのボランティアは今のところいれない方針だそうです。田舎のほうがボランティア必要な気がしますが、よくある道路封鎖やデモなどの際に、移動の手段がなくなると避難ができないからという問題もあるんだそうです。
まぁ実際首都とかを見ていると、ボランティアよりも、専門家レベルの知識の方が必要であるように思えますがね。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。