2010年3月から2012年3月まで、青年海外協力隊21-4で、南米はボリビアへ養護隊員として派遣されていました。世界一標高の高い都市(約4000m)エルアルトでの特別支援教育学校、標高3700mにある首都ラパスの学校での活動記録、ボリビア情報。そして帰国後の日本生活をつづります。


プロフィール

でめりーた

Author:でめりーた
旅好き、
写真好き。
毎日のんびり暮らしてます。

青年海外協力隊21年度4次隊、養護隊員。
南米ボリビアの特別支援教育学校、普通学校での活動、
ボリビアについていろいろ綴っています。

2012年3月帰国したので、
また日本でのできごとをのんびり綴っていきます☆



ブログで世界旅行(世界遺産編)



ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



☆協力隊の仲間たち☆

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター

2009/11/25よりつけました♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


++a los 610 dias++エルアルト、ラパス学校比較③++
ラパスの全部の学校かどうかは知らないけども、新しい配属先には観光の授業がある。
ボリビアの観光地などを勉強する時間らしい。(授業自体はまだみたことないが。。。)

新しい配属先は、ラパス市の関係で、ボランティアが市からやってきてフェリアをしたり、授業したり、先生に向けた研修を行っている。エルアルト市の時は、経営が半民半官の学校だったが、市から行われているのは朝食、おやつの配布くらい。今の配属先も、朝食は市から配布されている。
そう思うと、ラパス市のほうがちょっと市が教育に力をいれてるんだろうか??
それとも、特別支援学校と普通学校の違いなんだろうか??

まぁ、そのへんはよくわからないとして、
今日はその観光の時間の展覧会がありました。
テーマはティワナク遺跡と、チチカカ湖。どちらもボリビアで有名な観光地。
R0040138.jpg
R0040139.jpg
R0040140.jpg
ティワナクの遺跡を石鹸などをカッターか何かで切って作ったもの、チチカカ湖の絵をかいたものなどを展示していました。この作品、皆家から持ってきてたけど。。。
授業で作ったんだろうか???
まぁ、誰が作ったかともかくとして、素敵な作品いっぱいでした☆
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。