2010年3月から2012年3月まで、青年海外協力隊21-4で、南米はボリビアへ養護隊員として派遣されていました。世界一標高の高い都市(約4000m)エルアルトでの特別支援教育学校、標高3700mにある首都ラパスの学校での活動記録、ボリビア情報。そして帰国後の日本生活をつづります。


プロフィール

でめりーた

Author:でめりーた
旅好き、
写真好き。
毎日のんびり暮らしてます。

青年海外協力隊21年度4次隊、養護隊員。
南米ボリビアの特別支援教育学校、普通学校での活動、
ボリビアについていろいろ綴っています。

2012年3月帰国したので、
また日本でのできごとをのんびり綴っていきます☆



ブログで世界旅行(世界遺産編)



ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



☆協力隊の仲間たち☆

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター

2009/11/25よりつけました♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


++a los 595 días++あと5ヶ月弱++
あと5ヶ月弱ですが、今日校長先生と調整員の方と活動計画について話し合いました。
普通学校ですが、障害が見られる子も在籍しているので、インクルーシブ教育(個々の子どもの教育的ニーズにあった適切な教育的支援を原則として普通学級で行いましょうという教育方針)を導入したい、との要望があり、それに向け活動を進めていくことになりました。
障害を持っている子どもがいる2クラスにしぼり、支援していくことに。

といっても、今は年度末試験の時期。(ボリビアは12月に学年が終わり、2月から新しい学年が始まります。)
どうにもアプローチがしにくい。。。。
うーん。

しかし、授業中先生がいない、たち歩きもあたりまえ、カンニングもあたりまえ・・・
といった状況。。。
何から改善しよう?。。。。

うーん。

・・・新しい学年になったらいろいろ取り組もう。
あぁ何をするにも時間が足りない。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。