2010年3月から2012年3月まで、青年海外協力隊21-4で、南米はボリビアへ養護隊員として派遣されていました。世界一標高の高い都市(約4000m)エルアルトでの特別支援教育学校、標高3700mにある首都ラパスの学校での活動記録、ボリビア情報。そして帰国後の日本生活をつづります。


プロフィール

でめりーた

Author:でめりーた
旅好き、
写真好き。
毎日のんびり暮らしてます。

青年海外協力隊21年度4次隊、養護隊員。
南米ボリビアの特別支援教育学校、普通学校での活動、
ボリビアについていろいろ綴っています。

2012年3月帰国したので、
また日本でのできごとをのんびり綴っていきます☆



ブログで世界旅行(世界遺産編)



ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



☆協力隊の仲間たち☆

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター

2009/11/25よりつけました♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


++a los 411 días++museo巡り☆その2++
昨日行ったハエン通り。昨日は時間なくて一つしかいけませんでしたが、まだまだ博物館がたくさんあります。
今日はmuseo costumbrista juan de Vargas、museo casa de murillo、museo de metales preciososの3館めぐってきました。これらの博物館は4つの博物館共通チケットで5Bs。しかし今日は1館休館でした。。。

フアンデバルガス博物館 museo costumbrista juan de Vargas
ボリビアの歴史などのミニチュアがたくさん飾ってあります。あと、お面や絵なども。

ムリージョの家 museo casa de murillo
ボリビア独立に大きく関わった活動家、ムリージョさんの家。豪華な家具や絵がたくさん。ムリージョさんの最期が描かれた絵もありました。

黄金博物館 museo de metales preciosos
インカ時代あたりの時代に発掘された土器、金属類の博物館。ティワナクから発掘されたものなど。インカって金より石ってイメージがあったけど、こんなにも金があったんですねぇ。残念ながら館内写真禁止でとれませんでしたが、すごかった!

どれもステキな博物館でした。ラパスに住んでるくせに、初博物館。。。楽しかった☆
個人的には、楽器と黄金が楽しかったなぁ。

ハエン通りは、とっても短い通りだけど、たくさんの博物館と可愛いお店やカフェがあります。ラパスに来た際は是非!!
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。