2010年3月から2012年3月まで、青年海外協力隊21-4で、南米はボリビアへ養護隊員として派遣されていました。世界一標高の高い都市(約4000m)エルアルトでの特別支援教育学校、標高3700mにある首都ラパスの学校での活動記録、ボリビア情報。そして帰国後の日本生活をつづります。


プロフィール

でめりーた

Author:でめりーた
旅好き、
写真好き。
毎日のんびり暮らしてます。

青年海外協力隊21年度4次隊、養護隊員。
南米ボリビアの特別支援教育学校、普通学校での活動、
ボリビアについていろいろ綴っています。

2012年3月帰国したので、
また日本でのできごとをのんびり綴っていきます☆



ブログで世界旅行(世界遺産編)



ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



☆協力隊の仲間たち☆

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター

2009/11/25よりつけました♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


++a los 274 días++すっきりしない。++
今日も先日のようなクリスマス会があり、子供たちが踊り、プレゼントを受け取りました。

その後先生たちの会議。
うちの学校は先生の遅刻や無断欠勤に対し罰金制度があるのですが、
それに対し今年度欠勤が多かった人の事をみんなの前で校長先生が文句を言ったり、
勤務態度が悪い人の事を実名で呼んだり。。。

見せしめをしているようで、聞いてて、見ててすっきりしない会議でした。

こっちの風習なのか、授業中も悪いことをした生徒をみんなの前で怒ったりしている場面をたまに見ます。怒ることは教育において必要な場面もあるけど、怒り方にだっていろいろある。先生が感情にまかせて生徒を叱っちゃダメでしょう。。。

ただでさえボリビアでは特別支援教育の先生たちは普通学校の先生より給料が安い。上の人が教師をこんな育て方してたんじゃあ、本当に働く人いなくなっちゃうんじゃないかと思ってしまいます。。。
もちろん、皆いい先生なんです。だからこそ、気になってしまうんです。。。
スポンサーサイト

テーマ:青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。