2010年3月から2012年3月まで、青年海外協力隊21-4で、南米はボリビアへ養護隊員として派遣されていました。世界一標高の高い都市(約4000m)エルアルトでの特別支援教育学校、標高3700mにある首都ラパスの学校での活動記録、ボリビア情報。そして帰国後の日本生活をつづります。


プロフィール

でめりーた

Author:でめりーた
旅好き、
写真好き。
毎日のんびり暮らしてます。

青年海外協力隊21年度4次隊、養護隊員。
南米ボリビアの特別支援教育学校、普通学校での活動、
ボリビアについていろいろ綴っています。

2012年3月帰国したので、
また日本でのできごとをのんびり綴っていきます☆



ブログで世界旅行(世界遺産編)



ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



☆協力隊の仲間たち☆

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター

2009/11/25よりつけました♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


++a los 240días++チョリータさん++
ボリビアの民族衣装に身をまとった女性のことをチョリータさんといいます。
今回はチョリータさんについて。

なんせボリビアは地域によって気候がまったく違うので、地域によってもチョリータさんの格好が異なります。
高地は長袖にマンタ(ストール)に、くるぶしのちょっと上まであるくらいのスカート。スカートは何重(6枚くらいだったかな??)にも重ねてきています。重そう。
熱帯地域はスカートが短くなり、半袖やキャミと合わせてきています。
そして、アグワヨというボリビア風呂敷(かなり便利。)をしょい、
みつあみをし、
頭より小さい帽子(どうとめてるか不明)をかぶり、
チョリータファッション完成!!
RIMG7768.jpgかわいいんだなーこれが!

ラパスやサンタクルスなどの大きな都市では、店の売り子さんや物乞いのイメージで、都市に住んでる人は偏見を持っている人も多いようです。(たまたま私の知り合いがそうなのかもだけど。)
だけども、チョリータさんの服は結構なお値段するので、お金持ちって噂も。人によるんだと思います。
実際都市にいくとそれほど見かけません。私の住んでるエルアルトではチョリータさん割合が高いです。

チョリータさん。単なる売り子ではありません。
タンスみたいな大きいものしょって山道歩くし、
おトイレも道端でするし、(スカートでうまいことみえないのだ)
パンツもはかないし、(人によると思いますがノーパンが多いらしい)
アメフトもするし、
プロレスもする。(前の日記参照→demepon.blog35.fc2.com/blog-entry-151.html)
とにかく何するにせよ迫力があり、
かなり強いです!!!

チョリータさんの格好をしたい!!
というわけで、このたび、コネを駆使し、チョリプロデビューが決定いたしました笑!!
日本にいるときからの夢!!
頑張りまーす!!

スポンサーサイト

テーマ:ボリビア - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。