2010年3月から2012年3月まで、青年海外協力隊21-4で、南米はボリビアへ養護隊員として派遣されていました。世界一標高の高い都市(約4000m)エルアルトでの特別支援教育学校、標高3700mにある首都ラパスの学校での活動記録、ボリビア情報。そして帰国後の日本生活をつづります。


プロフィール

でめりーた

Author:でめりーた
旅好き、
写真好き。
毎日のんびり暮らしてます。

青年海外協力隊21年度4次隊、養護隊員。
南米ボリビアの特別支援教育学校、普通学校での活動、
ボリビアについていろいろ綴っています。

2012年3月帰国したので、
また日本でのできごとをのんびり綴っていきます☆



ブログで世界旅行(世界遺産編)



ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



☆協力隊の仲間たち☆

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター

2009/11/25よりつけました♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


++a los 243 días++原爆展++
昨日、今日と、ラパスのギャラリーを貸切り、先輩隊員の方が企画した原爆展を行いました。テーマは「世界の子供に平和を」。
昨日は行けなかったのですが、本日は参加できました。
R0031613.jpg会場の外にはリトルボーイの原寸大のポスター。
これに、来場者の方に書いてもらった平和へのメッセージを貼っていきます。終わる頃にはメッセージでいっぱいになっていました!
R0031656.jpg会場の中は、原爆の説明が書いてあるパネルの展示、世界の子どもたちの写真の展示、折り鶴作成コーナー。
私はちょっとの時間しかいけませんでしたが、その間にもたくさんの方が来場してくださりました。
真剣に原爆のパネルを見てくださる方。子供たちの写真を眺める方。折り鶴を一生懸命折ってくれる方。
意外と原爆のことを知っている方が多かったです。
いつの時代も、戦争の犠牲になるのは罪の無い人達です。今も内戦で住んでいる人々が脅かされている国はたくさんあります。世界中の人々が平和に暮らせる日が、訪れますように…。
La paz(スペイン語で平和という意味)でこのような展示会をでき、とてもいい経験になりました。皆様お疲れ様です!
R0031679.jpgボリビアの方々が作成した千羽鶴。
この千羽鶴は、広島、長崎に送る予定です!
スポンサーサイト

テーマ:青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/11/23 21:42] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/11/23 23:19] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。