2010年3月から2012年3月まで、青年海外協力隊21-4で、南米はボリビアへ養護隊員として派遣されていました。世界一標高の高い都市(約4000m)エルアルトでの特別支援教育学校、標高3700mにある首都ラパスの学校での活動記録、ボリビア情報。そして帰国後の日本生活をつづります。


プロフィール

でめりーた

Author:でめりーた
旅好き、
写真好き。
毎日のんびり暮らしてます。

青年海外協力隊21年度4次隊、養護隊員。
南米ボリビアの特別支援教育学校、普通学校での活動、
ボリビアについていろいろ綴っています。

2012年3月帰国したので、
また日本でのできごとをのんびり綴っていきます☆



ブログで世界旅行(世界遺産編)



ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



☆協力隊の仲間たち☆

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター

2009/11/25よりつけました♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


++a los 118 días++道路封鎖 ++
サンタクルスを昨日の夕方出発し、朝にはラパス到着!

…のはずだったんですが。

昨日の夜からバスが動きません。
ボリビア名物(!?)bloqueo(道路封鎖)です。

RIMG6553_convert_20100803004641.jpg道路が封鎖されてるもんで、超渋滞!!!!というか車動きません。
お昼ごろになり、しびれを切らした人が、歩いて先に進んだり、サンタクルスに歩いて帰ったりし始め、少々焦り。。。。
結構大きいブロケオのようで、3日間動かないだの、歩いて行った方がいいだの、情報が錯綜してました。。。
でも、歩いたところでどうしていいかわかんないし、とりあえず留まることに。
同じバスの人は皆良い人で、結構のんびり一緒にこの状況を楽しみました(笑)
ヨーロッパ系の旅行者はかなりイライラ。でも現地人は結構のんびり。流石!(笑)

食べるものもトイレもない田舎で止まっているので、ほんとに喋ることしかすることがありません。
トイレはそのへんでどうにかなるものの、皆お腹をへらしています。そんな時に、食料を載せたバイクが!
RIMG6556_convert_20100803011248.jpgリュックからパンは奪われるわ、襲撃にあってました(笑)

RIMG6559_convert_20100803011846.jpg途中からしびれをきらした乗客たちのデモまで始まっちゃいました。
ちょっと危ないので遠くから眺めます。

夕方くらいにバス10台くらいの警察登場!皆で拍手喝采。
それから何時間かしてよーーやく封鎖解除。。。
いやぁー昨日の21時くらいから今日の19時までかかりました。
同じ場所に約1日留まってまたんやなぁ(汗)

RIMG6567_convert_20100803012601.jpg現場は警察と住民とでかなり緊迫してました。一触即発な感じ。。流石にこれは怖かったわ。


スポンサーサイト

テーマ:ボリビア - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。