2010年3月から2012年3月まで、青年海外協力隊21-4で、南米はボリビアへ養護隊員として派遣されていました。世界一標高の高い都市(約4000m)エルアルトでの特別支援教育学校、標高3700mにある首都ラパスの学校での活動記録、ボリビア情報。そして帰国後の日本生活をつづります。


プロフィール

でめりーた

Author:でめりーた
旅好き、
写真好き。
毎日のんびり暮らしてます。

青年海外協力隊21年度4次隊、養護隊員。
南米ボリビアの特別支援教育学校、普通学校での活動、
ボリビアについていろいろ綴っています。

2012年3月帰国したので、
また日本でのできごとをのんびり綴っていきます☆



ブログで世界旅行(世界遺産編)



ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



☆協力隊の仲間たち☆

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター

2009/11/25よりつけました♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


++a los 95 días++sobre los servicios sociales en Bolivia++
学校はお休みだけど今日は会議の日。時間通りに始まらないのはいつもどおりのこと、会議で行事の日にち決めたり、先生の冬休みの順番決めたり…そんなこと上の人が決めて掲示すればいいのに…と思いつつ。。時間がもったいない、効率よくやろう、って言う感覚がこっちの人にはありません…。

途中で、JICAの福祉分野でボリビアにいらっしゃっている専門家の方のお話がありました。10年ほどボリビアの福祉に携わっている方で、びしびしっと先生たちに教室配置のアドバイス。いやぁーあれだけ説得力のあるスペイン語で説明できたらいいなぁーー。
そのボリビアではJICAで障害者診断や特別支援教育の教員養成のプロジェクトが動いています。
医者の独断で障害名がついてしまう、(診断テストはあってもボリビア用に変換されてないので結果に信憑性がない)特別支援教育に携わるものがその知識がないのがボリビアの現状。
直接私の活動とは関わりはないかもしれないけど、少しずつ改善されていってほしいです。私は現場レベルでできることをやっていきたいです。

さてさて、夜はラパスへ行き同期と現地の友達とdiscotecaへ行ってきました。日本のクラブのようなもの。ボリビアには居酒屋のようなものがないので飲むのはdiscotecaが多い…気がする。
スポンサーサイト

テーマ:青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。