2010年3月から2012年3月まで、青年海外協力隊21-4で、南米はボリビアへ養護隊員として派遣されていました。世界一標高の高い都市(約4000m)エルアルトでの特別支援教育学校、標高3700mにある首都ラパスの学校での活動記録、ボリビア情報。そして帰国後の日本生活をつづります。


プロフィール

でめりーた

Author:でめりーた
旅好き、
写真好き。
毎日のんびり暮らしてます。

青年海外協力隊21年度4次隊、養護隊員。
南米ボリビアの特別支援教育学校、普通学校での活動、
ボリビアについていろいろ綴っています。

2012年3月帰国したので、
また日本でのできごとをのんびり綴っていきます☆



ブログで世界旅行(世界遺産編)



ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



☆協力隊の仲間たち☆

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター

2009/11/25よりつけました♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


++a los 81 dìas++sobre mi trabajo++
今日は私の配属先について。
エルアルトの特別支援教育学校に通っています。家からバスで15分くらい。
生徒は1歳から30歳半ばまでと広い年齢層。
障害も知的な障害~麻痺がある子まで様々。大きい子がいる作業クラス以外は午前と午後で生徒が入れ替わります。全部で生徒は150人くらい??かなー。一応障害名はついてるけど、どのように判定してるかは??聞いてみようと思います。
生徒は一応学年ごとにわかれてて、授業を行ってます。
先生ごとにカリキュラムを決めているので、授業内容はクラスによって様々。この一ヶ月間いろんなクラスを見させてもらったけれども、うーーーん。。。課題がてんこもりな気がします。。。
でもこっちの子は、流石です。予定の変更に強いです!!!予定の変更の1つや2つではパニックにはなりません。文化が違うと、そういったところも違うんですねぇ。おもしろいです。
そろそろ配属先と今後の方向性を決めなきゃです。


スポンサーサイト

テーマ:青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/06/14 22:03] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。