2010年3月から2012年3月まで、青年海外協力隊21-4で、南米はボリビアへ養護隊員として派遣されていました。世界一標高の高い都市(約4000m)エルアルトでの特別支援教育学校、標高3700mにある首都ラパスの学校での活動記録、ボリビア情報。そして帰国後の日本生活をつづります。


プロフィール

でめりーた

Author:でめりーた
旅好き、
写真好き。
毎日のんびり暮らしてます。

青年海外協力隊21年度4次隊、養護隊員。
南米ボリビアの特別支援教育学校、普通学校での活動、
ボリビアについていろいろ綴っています。

2012年3月帰国したので、
また日本でのできごとをのんびり綴っていきます☆



ブログで世界旅行(世界遺産編)



ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



☆協力隊の仲間たち☆

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター

2009/11/25よりつけました♪



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆38日目☆家見学☆
午前中配属先のお偉いさんと話をして、午後はエルアルト行って、家を見に行きました。
先輩隊員の方がすんでる寮と、前お世話になった教会(財団になっててこの下に配属先の学校がある)を見学。
後者が有力候補で、話を進めてくれるそうです。
学校も近いし、綺麗だし、住めることになるといいなぁ。

さて、ラパス来てからあっちゅーまに11日が過ぎました。
ラパスはお店もたくさんあって何でもそろいます。
富士山の上にここまでの大都市がって考えると、すごい。
植物も普通に育ってるし、
こんなところに家が!ってところに家が建ってる・・・。
何度見てもスゴイ。


ラパスはスペイン語で「平和」って意味。素敵な響きだよねー☆
任地のエルアルトはスペイン語で「高い」って意味。そのまんま(笑)

写真、おちついたらあっぷします!


スポンサーサイト

テーマ:青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。